コチャエのおもちゃ絵ワークショップ

WORKSHOP
2018/ 8/19 Sun ~ 8/19 Sun

8.19に「折変わり絵」というおもちゃ絵の手法を使ってワークショップします。
(町田市立国際版画美術館からの巡回で、今回も軸原がグラフィックを担当しています。)


■コチャエのおもちゃ絵ワークショップ

講師:軸原ヨウスケ(遊びのデザインユニットCOCHAE)
8月19日(日)14:00~15:30
多目的ホール
定員:20名 電話(0284-43-3131)で事前申込
参加無料

*上記電話でご予約ください。

文明開化の新風と江戸の面影のはざまで遊び、学ぶ子どもたちの姿を描いた「子ども浮世絵」に焦点を当てた展覧会が開催される。

西洋の影響を受けて学校教育が始まった明治初期の浮世絵には、学校で英語を学ぶ洋服姿の子どもたちが登場するようになった。世界へ目を向け立身出世を目指す当時の理想像を伝えるいっぽうで、明治半ばより江戸懐古の風潮が高まると、江戸に花開いた遊びの文化を受け継ぐ、どこか懐かしく愛らしい着物姿の子どもたちが浮世絵に戻ってくる。

「明治の子どもと浮世絵」をテーマとする本展は、楊洲周延(ようしゅう・ちかのぶ)、宮川春汀、山本昇雲らによるカラフルな子ども浮世絵、資料約300点を紹介。展示室には、わかりやすい作品解説のほか、明治のおもちゃの体験コーナーを設置し、子どもたちが楽しめるイベントも行う。

期間
2018.8.19 ~ 2018.8.19