アウト・オブ・民藝 <展示&トーク>at誠光社

NEWS
2018/ 4/27 Fri ~ 4/27 Fri

「なぜこれは民藝じゃないの?」

民藝運動の提唱者・柳宗悦亡きあと、新たに民藝を定義しなおすことなどできそうもないし、する意味もないだろう。
しかし、私たちは思う。ひょっとして民藝運動からはぐれてしまった「民藝的な何か」に21世紀の美術や工藝の未来があるのではないかと。

あえて軽やかに「アウト・オブ・民藝」と言いたい。
「アウト・オブ・民藝」は民藝運動へのカウンターではなく、今日の美術や工藝の在り処を探るひとつの考え方だ。

「アウト・オブ・民藝」は民藝の根っこを知ることからしかはじめられない。
「民衆的工藝」=「ARTS & CRAFTS」まさにその語源から考えなければ。
「当面私がいっておきたいのは、われわれが日本人としてモリスの思想を肉化しようとするならば、柳宗悦の実行と思索の総体を媒介とするなしには、つまり、それを批判的に展開しようとする努力なしではあり得ないだろうということである。」
と英文学者・小野二郎が1973年に書いたように。

軸原は郷土玩具やこけし、農民美術など民藝運動から絶妙な距離で仲間に入れなかったものを、中村は民藝運動の時代に素早くその周縁(アウトオブ)に回り込み、自前の工芸論を展開していった人やものを、楽しく、そしてわかりやすく提示します。

軸原ヨウスケ 中村裕太

ーーーーーーーーーーー
キーパーソン

・竹久夢二
・ウィリアム モリス
・ブルーノ タウト
・富本憲吉
・三宅忠一
・芹沢銈介
・棟方志功
・外村吉之介
・川喜田煉七郎
・藤井達吉
・西村伊作
・渋沢敬三
・天江富弥
・志茂太郎
・料治熊太
・川崎巨泉
・武井武雄
・恩地孝四郎
・橘文策
・柳宗理
・山本鼎
・山内金三郎(山内神斧)
・宮沢賢治
・蘭繁之
・種田山頭火
・青山二郎
・清水晴風
・有坂與太郎
・中島種二
・岩村透

ーーーーーーーーーーー
キーワード
・民藝運動
・農民美術運動
・国立工藝指導所
・ドイツ工作連盟
・バウハウス
・吾八
・こけし
・タイル
・農民美術運動
・芸艸堂
・郷土玩具
・農民芸術
・趣味
・集古会
・光原社
・うなゐの友
・工人
・創生玩具
・木端人形

ーーーーーーーーーーー

  • 軸原ヨウスケ
  • 軸原ヨウスケ
    1978年生まれ、岡山在住。「遊び」をテーマにしたデザインユニットCOCHAE(2003年ー)のメンバーでありデザイナー。伝統こけし工人とのプロジェクト、ドンタク玩具社でも活動。郷土玩具、こけしに興味を持つ。著書に『kokeshi book -伝統こけしのデザイン-』(青幻舎)2010年、『武井武雄のこけし』(pie international)2012年、『日本のおもちゃ絵 -絵師・川崎巨泉の玩具帖-』 (青幻舎)2014年など。折り紙パズル「ファニーフェイスカード」が日本グッドデザイン賞(Gマーク)2008受賞、『猫のパラパラブックス』(青幻舎)で造本装幀コンクール2013審査員奨励賞、『トントン紙ずもう』(コクヨWORK×CREATE)がグッドトイ2013選定など。近年は「岡山名物きびだんご」(山方永寿堂)などパッケージデザインを数多く手がけている。http://cochae.com/
    http://donduc.com
    (絵・いぬんこ)
  • 中村 裕太
  • 中村 裕太
    1983年東京生まれ、京都在住。2011年京都精華大学芸術研究科博士後期課程修了。博士(芸術)。博士論文「郊外住居工芸論―大正期の浴室にみる白色タイルの受容」。〈民俗と建築にまつわる工芸〉という視点から陶磁器、タイルなどの学術研究と作品制作を行なう。最近の展示に「六本木クロッシング2013:アウト・オブ・ダウト―来たるべき風景のために」(森美術館、2013年)、「第8回アジア・パシフィック・トリエンナーレ」(クイーンズランド・アートギャラリー、2015年)、「第20回シドニー・ビエンナーレ」(キャレッジワークス、2016年)、「あいちトリエンナーレ2016」(愛知県美術館、2016年)、「東アジア文化都市2017京都」(京都芸術センター、2017年)など。工芸を作り手の視点から読み解き、その制作方法を探るプログラム「APP ARTS STUDIO」を運営している。http://nakamurayuta.jp/ 

    撮影|表 恒匡

期間
2018.4.27 ~ 2018.4.27