ぺぱぷんたす2号(小学館)に参加

NEWS
2018/ 7/10 Tue ~ 7/10 Tue
第1号に続いて第2号もCOCHAEが参加しています!
今回は蛇腹におると図形が現れる、しかけページです!

〈 書籍の内容 〉

紙と子どもとデザインと。新感覚絵本第二弾
紙の世界は、デジタルの世界とは違い、実際に触れることができる“実体験”に満ちています。紙で遊びながら、想像力をふくらませ、工夫したり、創造する楽しみを味わえる、そんな体感型のムックの第二弾ができあがりました。
切ったり破ったり、折ったり、鳴らしたり…。本と、紙と、もっともっと仲よくなって、思いのままに遊んで欲しい! という気持ちで、今をときめく作家たちが、さまざまな紙の楽しみ方を表現しています。日本を代表するブックデザイナー祖父江慎さんによる、アートディレクションにも注目!

参加アーティスト/谷川俊太郎(詩人)・中村至男(グラフィックデザイナー)・100%ORANGE絵本作家・(イラストレーター)・かこさとし(絵本作家)・コチャエ(デザインユニット)・ザ・キャビンカンパニー(絵本作家ユニット)・tupera tupera(絵本作家・イラストレーター)・大日本タイポ組合(実験的タイポグラフィユニット)・冬野さほ(漫画家)・五味太郎(絵本作家)・井上雪子(イラストレーター・アニメーター)・明和電機(芸術ユニット)・タナカカツキ(漫画家)

ぺぱぷんたす特設サイト
http://www.shogakukan.co.jp/pr/paperpuntas/

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
子どもにとって,紙は身近な素材であると同時に不思議な存在。破ったり、切ったり,丸めたりすることで形は変わるし、綴じれば本になるし、折れば空を飛ぶことだってできるのだから。そんな自由で、変幻自在な紙だからできることを、デザイナーの祖父江慎さんとたくさんのア-ティストが集結して考えました。個性が光るページをぜひお楽しみください。
期間
2018.7.10 ~ 2018.7.10